• 主に長崎、佐賀県を中心に元刑事のキャリアを活かし行政書士&災害危機管理に取り組んでいます。

釣りの醍醐味

対馬で始まった釣り歴

私の釣り歴は約30年になります。子供の頃は竹の竿にハリスを結んでクサブ(ベラ)釣りをしていましたが、これはあくまでも家族のために晩御飯のおかずを調達していたもので、釣り歴には入りません。

本格的に釣りを始めたのは対馬(当時は上県署)に赴任したときです。先に赴任していた同僚から、「ここでは釣りをするしか娯楽はないよ。」と言われて始めたのがきっかけでした。

最初は、竿、リール、道糸、ハリス(リーダー)、釣り針など、合計5千円の安い道具を買い、クロ(関東ではメジナ)釣りから始めました。いわゆるフカセ釣り(エサを撒いて魚を寄せ、ウキを使った仕掛けで魚を釣る方法)です。

当時は、釣り場まで片道30分位かけて起伏の激しい山道を行き来していました。テボ(竹で編んだ背負子・現在はほとんど見かけない)に撒き餌や道具、弁当、水筒など10キロくらいの荷物を背負い、息を切らしながら釣り場に通いました。

こんなにきつい思いをしながら通ったのは、釣りの魅力にすっかりまったからです。離島だからこそ釣果が出たのも後押しになるのですが、何と言っても魚とのやり取りにはまったのが大きな理由です。

釣りの魅力

クロ釣りの場合、サラシの中に仕掛けを投入し、潮の流れに沿って撒き餌と仕掛けが同調していきます。そしてウキがスーッと沈み、それに竿を合わせたときに手元にグ・グ・グーと重みが伝わったときの感触は格別です。

1キロ近くの大物がかかったときは、竿が引き込まれてしまいます。そして竿が大きくしなり、ジジジーという音を出しながらドラグ(釣り糸に強い負荷がかかったときに反回転させ、糸を送り出す機能)が反回転し、魚の引きが弱ったときにリールを巻くという動作を繰り返しながら魚を取り込んだときは、思わず「やったあー」と叫んでしまう程、興奮します。

「グ・グ・グー」とか「ジジジー」とか擬音を使ってしまい、釣りをしない方には何のことかわらかないと思いますが、それだけ魚に重みがある表現だということをわかってください。

さらなる醍醐味

時の流れとともに釣法も餌釣りから疑似餌釣りにすっかり様変わりしてしまいました。要するに餌を付けない代わりにルアー等を使うことが主流となってしまいました。私もフカセ釣りをやめてしまい、今では船上でジギング、キャスティング、タイラバ釣りをしています。

ジギングとは、ジグと呼ばれるルアーを海底まで落とし、竿をしゃくってジグを動かし、魚を誘って釣る釣法です。

キャスティングとは、そのルアーを遠投してアクションをつけながら魚を誘って釣る釣法です。

タイラバ釣りとは、ヘッド(錘)とスカート(ラバーを細かくカットしたもの、ヒラヒラヒラ漂う)、ネクタイ(シリコン製でスカートより長い、ヒラヒラ漂う)を組み合わせもので、文字通り鯛を狙った仕掛けですが、鯛以外の魚にも効果があります。

この釣法の良さは、何と言っても餌がいらないこと、そして釣れる魚が大きいということです。ブリ、ヒラマサ、カンパチなどの青物、鯛、ハタ、アラ、ヒラメなどの底物、ありとあらゆる魚が狙え、しかも大物が釣れる、これがルアー釣りの醍醐味です。

私も今ではこの釣法にすっかりはまってしまい、週末には友人の船で出船し、船上のバトルを楽しんでいます。当然、釣れない日もあります。しかし、大物がかかったときの感触、それを取り込むまでのスリル感、釣りあげたときの心地よい疲れ、釣り人の至福のひとときです。

ついつい釣りバカを語ってしまいましたが、太公望はみんな同じ気持ちだと思います。これから冬に向けて魚の活性が出てくるし、美味しさも増してきます。釣り人には楽しみな季節がやってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です