• 主に長崎、佐賀県を中心に元刑事のキャリアを活かし行政書士&災害危機管理に取り組んでいます。

物事は一方から見るものではない

溢れた情報にどう対応すべきか

世の中、いろんな情報が溢れています。以前は、地上波放送や新聞によって情報を得ていましたが、今やインターネットの普及によって、誰もが情報発信できるようになり、いつ・どこにいてもいろいろな方法で知りたい情報を入手できるようになりました。

テレビや新聞からしか情報が得られなかった時代では、発信される情報は真実だと思い込んでいました。事実を伝えるのがマスコミの使命だと思っていましたし、他に真実を見極める判断材料が乏しかったということもありました。

ところが、ネット時代になると、既存のマスコミが報道する内容を見極めることができるようになりました。一つのテーマにしてもいろいろな見方・考え方が提示されるようになり、多角的に見ることによって、何が真実なのかは自分で判断しなければならなくなりました。

私は、前職の刑事時代、いろいろな捜査をしてきました。捜査は犯罪事実を立証していく活動です。刑事訴訟法317条には、「事実の認定は、証拠による」と規定されています。その事実が真実かどうかは証拠で立証しなければならないのです。そんな世界に身を置いてきました。

ですから物事を一方から見ることはしません。通常、犯罪捜査は被害申告を受けてから始まります。その被害申告にしても、最初は被害者の一方的な話になりますので、その申告した内容が事実かどうかを調べます。現場を観察し、供述内容の裏付けをし、矛盾がないか、その供述が信用できるか、これを一つ一つ潰しながら証拠を集め、被害事実を特定していきます。

事実を立証する側となれば、被害事実を特定することでさえ慎重にならざるを得ないのです。そうしないと失敗する恐れがあるからです。

こんな姿勢は現役を退いた今でも癖になっています。テレビを見ていても、一方的な見解だけで、それがあたかも事実であるかのような報道が多いような気がしています。何ら裏付けとなるような理由も示さず、何らかの意図があって、そこに誘導しているように思えるのです。ですから、どうしてそういうことが言えるのか、その理由は何なのかとついつい疑いを持ってしまいます。

私たちは、物事を判断する際にあやふやな情報に惑わされてはいけません。巷には真偽がわからない情報が溢れています。この溢れた情報の中から何が真実なのか、それを見極める必要があります。そのためにはどうすべきか、考える必要があります。

惑わされない姿勢を持つ

皆さんは、テレビドラマで裁判のシーンが出たとき、「それは誘導尋問だ‼」と指摘される場面を見たことがあると思います。誘導尋問は、自分が意図する方向に供述を誘導する手法であり、事実を曲げる恐れがあるため一般的に禁止されています。

誘導する側は、自分が理想とする形にもっていきたいがために事実の追及よりも自分が求める形を優先します。今の報道を見ていると、そういう部分が多いような気がしています。

きちんとした事実を報道してほしいという立場から言わせてもらうと、誘導に惑わされないことです。まずは疑ってかかることも必要です。物事は一方から見たら判断を誤ります。

ですから、正しい判断をするためには、その内容が憶測ではないか、客観性はあるか、合理性があるか、妥当性があるか、一つ一つ掘り下げるみることが必要です。こういうことを自分の頭で判断することです。

情報が溢れた世の中ではなおさらです、発信する側の意図をくみ取り、取捨選択する力を持つことです。何が真実かを判断をするのは私たち一人一人ですから。

 

 

コメント一覧

アバター

川村邦昭2020年9月13日 10:48 AM / 返信

成程です 被害者の一方的な言い分では 間違った判断に成ることは大いにありますね この頃のマスク非装着乗客の問題にしても どちらの言い分が正しいのか判りません 航空会社の対応に問題はないのか? 様々な問題が潜んでいるようです。 SNS で炎上して 叩かれてしまう世の中は怖いものがありますね。

アバター

川村邦昭2020年9月13日 11:20 AM / 返信

HPに掲示していた メールアドレスは前の分で間違いです 念のために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です